All posts by admin

誰に向けてのWebサイトか

SEOでは、品質の高いwebページ(良質なコンテンツ)が求められますが、 webページの品質が良質であるかどうかはどうやって判断したらよいのでしょうか。 その判断基準は、検索結果からあなたのwebページ(コンテンツ)を訪問した人が、 閲覧したのち十分に満足できたかどうかです。webページを見た人にとって、有益だっ たのか、役に立ったのか、参考になったのかどうかで品質が決まります。 検索をしている人が、あなたの webページを見たときに「不満」と感じたとしたら、 その webページは、その人にと って良質ではないということになります。 たとえばカレーを作 ったことがない人にと っては、 一般的なカレーの具材や作り方が 書かれた webページは参考になりますが、カレーを作り慣れた人にとっては、当たり 前の情報で参考になりません。このようにSEOに取り組む際には、 webページを見る人は誰なのかを意識することはとても重要です

コンテンツキーワードとHTMLの改善

HTMLの改善は、関数とプラグインを活用して、簡単に、効果的に行いましょう。 ・タイトルタグ <title>~ </title> タイトルタグは、全てのウェブページで異なるように関数を使って設定をします。以下は、テンプレートタグのwp_title()、bloginfo()を使用 した記述方法です。 <title><?php wp_title(‘|’,true’right’); bloginfo(‘name’);?></title>  トップページは、「ウェブサイトのタイトル」が設定されます。  トップページ以外は、「ページタイトル|ウ ェブサイトのタイトル」として設 定されます。  ウェブサイトのタイトルは、管理画面の「設定」→「一般」で表示されるサイトのタイトルが表示されます。タイトルタグには、必ず大目標のキーワードを入れましょう。また、目標キーワードが複数ある場合は、左から順に優先順位の高い単語を並べます。関数を使って、全てのウェブページのタイトルタグを簡単に変更できます。 ・キーワードとdescription(ディスクリプション)  キーワードとdescriptionも、ページタイトルと同じく全てのページで異なることが理想です。そこで、プラグインの「Meta Manager」を使用します。管理画面の「設定」→「MetaManager」から、共通キーワードと基本ディスクリプションを設定します。  共通キーワードには、ウェブサイト全体に共通するキーワードを「1つ」だけ設定します。基本ディスクリプションには、ウェブサイト全体に共通する要約文を設定します。  ここで設定したキーワードとdescriptionは、全てのページに設定されます。目標ページなど、個別ページのキーワードとdescriptionの設定は、固定ページ画面に追加された「メタ情報」に記述します。  個別ページのキーワードも「1つ」にします。ここで設定したキーワードは、共通キーワードの左側にマージされます。  descriptionは、個別設定をしなければプラグインの「MetaManager」が本文からピックアップしてdescriptionに設定するので、全てのページで異なる設定が可能となります。プラグインで、全てのウェブページのdescriptionを簡単に変更できます。

「トラックバック」をしてみよう

相互リンクの場合は、相手のサイト運営者にメ ールを出してやりとりするという手聞がかかりますが、ブログ同士であれば、も っと簡単に相手サイトからの被 リンクを得られる方法もあります。それは、ブログ の特色である「トラックパック」という機能を利用することです。 トラ ックパックは、簡単にいうと 、ブログとブログを結ぶリンクをはる機能です。ただ、普通のリンクと違い、リンクをはってほしい側がトラックパックを打つ と、 トラ ックパックさ れた側のブログに自動的にリンクができあがります。例えば「豚肉を使った美味しい料理」が書い ている Aさんの記事に自分が書いた豚肉料理を トラ ックバックすると、Aさんの記事に、自分の書いた豚肉の記事への リンクと概要が付くのです。 この場合、 Aさんにとっては、自分の記事にトラックパックする人がたくさんいれば、自分の記事が「豚肉レシピのスクラップブック」のようになります。つまり、 Aさんには、 トラックパックされることで「自分の記事に、手間なく色々な豚肉料理の記事を集めることができる」と いうメリットがあります。一方、 トラックパックした側には、 Aさんの記事の読者が自分のブロ グに訪れるようになるだけではなく、 Aさんのブログに来ていた検索エンジンのロボ、ツ トも自分のブログに訪れるようになります し、被 リンクになるというメ リットがあり…

過去の教訓を活かす

過去、 SEOの世界では多くの裏技的手法が現れては消えてなくなりました。 今ではもう誰もやる人はいないと思いますが、白いパックに白い文字でキーワードを繰り返すようなことが上位表示に有効だったこともありました。ページ数が多い方が有利ということで、 2~3行のペー ジを大量に作成することも流行りま し た。 また、相互 リンクが有効ということで、余裕のある会社は相互 リンクを集めるためだけに数人を雇って集めていたこ ともありました。あるいは、日本語ドメインが 有効ということで、アフィリエイターを中心にお金になりそうなキーワー ドでのドメインの取得が盛んに行われたこともありました。 これらはすべて効果がなくなったか、スパム判定を受けるようになりました。 関係があるものとして今でも効果があるのは、唯一「やり過ぎない相互リンク」だけです。 はっきりいえることはサイトの善 し悪しと関係ないところで頑張ってもダメだと いうことです。 もちろん今 しか効果がないことをわかっていてあえて行うというのは1つの方法 です。しかし、中長期で通用するSEOを目指すのであれば、そのようなことに時 間と労力を奪われることは避け、地に足をつけたSEOを行っていくべきです。 ちなみに私は、これらのどれにも興味を持つことはありませんでした。なぜそのときにブームに乗らなかったかというと、ブームほど怖いものはないと考えるからです。他人に迷惑なことを大勢の人がやり出したら、検索エンジン側はどう考えるかをまず想定しました。特にアフィリ エイタ ーは人数が多いので、一斉に行うと影響力は大変大きなものになります。そのサイトの多くはあまり存在意義のないサイトな ので、検索エンジンは排除するようになるで しょう。 SEOで重要なのは検索エンジンの立場から考えることです。 歴史は繰り返すではないですが、やはり今後も同じようなことが繰り返されて行く と見ていいでしょう。ですから、現在、効果があるとして流行っている方法も将来的にはどうなのかを常に考える必要があります。

画像には alt属性を記述する

サイトでは、<img>タグによって画像を使用する機会が多くあり ます。画像を使うと、視覚的に内容を把握してもらうことができ、文章だけのページより ユーザーによい印象を与える ことができます。 画像を使用する場合は、 alt属性で画像の内容を記述します 。alt 属性で内容を記述することによって、ク ローラに画像の内容を把握し てもらうことができます。 alt属性の記述がないと、どのような画像なのかクローラは把握できません。 ここにキーワー ドを自然に埋め込むことができれば、 SEOの効果 が期待できます。また、通常の検索以外にも、画像検索からのアクセスにつながることもあります。 以前は、 alt属性にキ ーワード を埋め込むと SEOにとても効果が あると紹介され、いくつものキーワードを羅列することをすすめているサイトや書籍も多く存在していました。現在は、 alt属性にキーワドを羅列しても、 SEOの効果は期待できません。逆に減点対象となり、 順位を下げること になって しまいます。 alt属性の本来の用途は、ブラウザを使って Webページにアクセ スしたときに、テキストベ ースのブラウザなどで、画像の代わりに文章で内容を表示するときに使われるものです。…

HTML とは

HTML とは HyperText Markup Languageの略です。 HyperText (ハイパーテキス卜 )とはホームページのように、 表示されている文字や画像などをクリックすると、そこからほかのページに移動する(リンクする)ような仕組みを備えたもののことです。Markup Languageとは印を付ける言語という意味です。言語というと非常に難しいものの ように考えてしまいがちですが、外国語やプログラミングの習得ほど大変なものではありません。まずはおおまかな 仕組みから説明していきます。 HTMLのMはMarkUp (印を付ける ) の意味ですが、この印を付けるのがタグというものです。&lt;&gt; を付けた 英文字列をタグと呼びます。&lt;&gt; の中の英文字列は要素 (Element) というのが正式な名称ですが、要素を付けたものを開始タグ、要素名の前に / を入れてから&lt; &gt; を付けたものを終了タグと呼びます。

リンクポピュラリティ

基本的に、同じサイ ト内 のページはテーマが共通しているため、相互リンクで評価を高めあうのに適しています。 したがって、パンくず リス トやサイトマップなどで内部リンクを整備することは、リンクポピュラ リティのアップに効果的でSEO対策の効果があります。 また、階層構造で最下層にあるページに、 トップペ ージや lつ上の階層に戻るリンクをつけて「行き止まりペ ージ」を作らない工夫も、ユーザビ リティ向上を兼ねた有効なテク ニックと言えます。こうした方法で内部 リンクを整備することは、最低限のリンクポピュラリティを確保する意味でもSEO対策の基本中の基本です。